Search
Search Menu
合宿免許の準備マニュアル

母の日Mothers’ Day、まさにそれはお母さんを感謝する日です。更に、お母さんの存在を実感する日ではないでしょうか。

本当のことを言えば、私達は、まだお母さんに対しての真実を何も知らないのかもしれません。

母の日Mothers’ Day

私達は、お母さんという言葉を最初に覚えたのではないでしょうか。

それは、お母さんを呼べば、そこにお母さんがいてくれて私達を守ってくれるからです。

そして、段々と後付でお父さんの存在を知ることになります。

お母さん、お父さんのことは、英語では、Mothersとfatherです。

ただし、一般的には、そのような言い方ではなく、mom(お母さん)、dad(お父さん)という言い方をする人たちが多数です。

海外では、Mother、fatherという言い方よりもmom、dadという言い方の率が高いということは、ちょっとした驚きではないでしょうか。

「father」「mother」という言い方をするときは、大体は、あまり面識のない人に自分の父・母のことを話すときだったりするようですよ。ですから、一般的には、Motherではなく、momなのです。

疎遠だったり、思い出のあまりない自分の父・母のことを話すときにも、「father」「mother」という言い方をするようです。

自分の母親ではないという時にも、Motherです。

そのような意味で言えば、Motherという意味はお母さんという意味とはちょっと違う、「お母様」という感じもしないではありません。

海外に行って、「father」や「mother」という言葉はあまり聞かないという不思議な体験をみなさんはしてしまうことになるのではないでしょうか。


私達はお母さんにもっと愛着を持っている


現代社会の人たちは少なくてもMothersという感じではなく、もっとお母さんに愛着を持ち、「mom」という接し方をしているのではないでしょうか。

それは、誰でもが使用しているとても親しみのある言葉です。

更に、昔の人たちも、お母さんに愛着を示し、「おかん」という言い方もすることがありましたよね。

日本でもお母さんのことをママというケースは非常に多く、それも、お母さんをより愛着をもって示す言い方の一つとして考えることが出来ます。子供の頃、ママといい、段々とお母さんと言い方を変えるケースは以前は多くありましたが、最近では、結構ママで通す傾向も高くなっています。

 

母の日Mothers’ Dayに思う


子供たちは、「daddy」と「mommy」という言い方からはじまり、成長して、dad やmomに変化させて行きます。

「daddy」と「mommy」という言い方からはじまり、「father」や「mother」ではなく、
dad やmomへと変化します。

いかがでしょうか。お母さんって、私達が想像している以上、身近な存在であり、私達は、胎児の頃そうであったように「一心同体」であるほどの身近さを感じていつも生活して来ていたのかもしれません。

母の日Mothers’ Dayとは、そのような愛着のあるお母さんに対して愛情を再確認する日です。

ただし、お父さんだって同じような言葉のなりたちをし、とても身近な存在であることがわかります。母の日Mothers’ Day祝う気持ちがあれば、父の日も祝う気持ちもあって当然なのではないでしょうか。日にちも近く母の日Mothers’ Day、父の日は、まるで双子星のような存在では。

母の日のプレゼントはイーフローラ

英語で「お父さん/お母さん」は「father / mother」じゃなかった!